DM印刷のおすすめ企業ランキング

dm印刷をお願いしたいときには

このサイトでは、dm印刷に関して、これから利用したいと考えているかたむけに必要な情報を知ることができます。それぞれの会社に関しての情報を知ることができるので、どこの会社がより安く利用できるのかや、質のたかい会社を選ぶということが可能となっています。

サイト内では、人気でおすすめのランキングを知ることもできるようになっているので、どの会社が人気であるのかや、どのようなサービスがあるのかなども確認することができるようになっているので、はじめてのdm印刷でも手軽に利用するということが可能となります。

人気のランキングを知ることで、自分の会社にあった印刷をしてもらうことができたり、費用を安くすることもできます。まずはサービスを利用する前に、サイトにて情報を知ることで、利用してみたい会社を選択できる知識を身に付けるということも、可能となっています。

小松総合印刷

総合評価 ★★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

小松総合印刷は、DMの製作を中心に活躍する会社です。DMを製作する際欠かせないdm宛名も請け負い、個人情報の管理もしっかりしているので安心です。DMの種類も豊富で、用途に応じて選択できるのが特徴です。

DMとは、ダイレクトメールのことで、個人または法人に、商品案内などを目的に、宣伝材料、営業目的として使われます。受け取った人に見てもらえるよう、いろいろな工夫が仕掛けられています。小松総合印刷は、様々なDMに対しても宛名を入れ、発送まで請け負ってくれます。

例えば、圧着ハガキは、開きたくなる人が多く人気です。小松総合印刷は、圧着DMを得意とし、いろいろな種類を作っています。ニス圧着ハガキは、圧着がシールではなくニスのため、テカテカせず、鉛筆やボールペンで記入が可能です。

プリントパック

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

今までは印刷は、ある程度専門的な分野でした。価格も版代があり、1色か4色かなど、ある程度の価格帯が守られ、企業間のポスターやDMを作ってきていました。しかし、そんな業界に価格破壊をもたらしたのが、プリントパックです。

プリントパックは個人でも頼める価格帯になりました。これは今まで印刷業界で売り上げを上げてきた会社にとっても大打撃です。納期も選べ、データ入稿もわざわざデータ届けなくても、パソコンでできます。プロ集団であった業界は、今や誰でもできるようになりました。

今までDMをしていた企業にとっては、プリントパックを使うことによってコストが抑えられるでしょう。dm宛名印刷にも対応していますので、コストを抑え、効率的にDMを出すことができます。一般人にとっても年賀状の時しかプリンターを使わなかった人たちはプリンターがいらなくなるでしょう。

グラフィック

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★★

印刷、特にdm宛名をお考えの方はグラフィックにご相談ください。品質に好評があり、顧客満足は96%となっております。名刺、ポストカード、A4チラシの主となる印刷業務以外にも新聞折込チラシ。同人誌、グッズにおいても対応しております。

ただチラシ作りをするだけでなくグラフィックのサービスとして新聞折込チラシサービスとして印刷と配布サービスをも提供しております。他社にはないサービスを行なっています。日本全国の希望地域を選択できるために時間が無く、お忙しい方にはマッチしたサービスです。

主要全国の新聞だけでなく地方紙にも対応しています。弊社はスピーディーな原稿審査があり、日本新聞協会は折込広告基準を設けておるため、それに対応した独自な審査を設けています。事前に配布可能なのかチェックした上で配布サービスを実施しております。

WAVE

総合評価 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★

WAVEでは、個人、法人問わずに格安と短納期を重視して印刷をしてくれる業者です。社内一貫の生産システムと最新の設備を整え、大量受注・大量買い付けを行うなど独自の技術により顧客のニーズに応えてくれるため、急遽注文した印刷物も格安価格で提供してくれます。

注文商品は豊富にあり、専門のスタッフにより高品質な製品に仕上げてくれます。オプションでdm宛名を注文することもでき、住所・氏名・職業等のデータを直接印刷することで、宛名シールを貼り付けずに済むので経費削減に繋がります。

料金表はサイト上で公開しているのでわかりやすく、正しいデータ作成・入稿の仕方も掲載されているので初心者でも安心して注文できます。より詳しく知りたい場合や不明な点がある場合は、専門スタッフが年中無休で電話でサポートしてくれます。

DM本舗

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★
掲載情報量 ★★★★
使いやすさ ★★★★

DM本舗さんは、何と言ってもお安いことが魅力です。しかも、スピーディーなのでとても助かります。印刷から発送までを一括したサービスと低価格で行っています。しかも、取引実績が1800社を超えるという非常に経験豊富なところです。

DM本舗さんでは、印刷・dm宛名印字・投函を全て込みのサービス価格で提供しています。通常のハガキはもちろんですが、大型ハガキ・圧着ハガキ・A4厚紙dm・定型・定形外封書dmなど取り扱っているものも多種多彩です。年賀状印刷もご依頼が可能です。

DM本舗さんはダイレクトメールの専門店です。ダイレクトメール発送業務だけに集中することと独自のシステムの開発、そして日本全国からの大量受注を行うことで、低コスト化を実現させました。サポート体制も充実しています。電話で様々なご相談・ご質問を受け付けています。

ラクスル

総合評価 ★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★★
掲載情報量 ★★★
使いやすさ ★★★★

dm宛名の印刷を行う場合に、とても、便利なネット印刷の会社があります。ラクスルという会社です。インターネットで注文することが出来るので、忙しさの合間に発注することができます。こちらの会社は、印刷だけでなく、希望があれば、配布手配も行ってくれますので、無駄な動きがなくスピーディーな手配ができます。

ダイレクトメールの種類も、はがき、圧着はがき、封筒封入型など多種類あるので、求めるdmを見つけることができます。また、どのような種類のdmを選んだらよいかも助言してくれていますので、初めての注文でも安心です。

データ作成に必要なテンプレートも、無料でダウンロードできますし、金額においても、発送指定日に余裕があるようであれば、低価格で注文することが可能です。会社のホームページも、わかりやすいものになっています。

ネット印刷ならラクスル

dmの宛名を利用する方法は複数ある

dmのあて名を自社で引接する場合、宛名用ソフトを用意する方法、表計算方法を活用する方法、ワープロソフトで作成したものを利用する方法に分かれています。
宛名用ソフトの場合は、無料の物よりも有料の物の方が品質が良く利用しやすいといわれている為、有料の物を利用しましょう。有料とはいえ、あまり高額なものではないので、一度購入しておけばその後自社で何年も利用できます。

メーカーのサイトにユーザー登録しておくと、新しいバージョンやソフトの紹介をしてもらえて便利です。表計算ソフトを利用した場合、ワープロソフトを利用して印刷すると、直接宛名を印刷できます。それぞれ利用のメリットがありますが、表計算ソフトであればビジネス用パソコンがあれば利用できるので、必ず表計算ソフトやワープロソフトは入っているので、活用しましょう。


dmの宛名印刷も行ってくれる業者

dmというのは、広告として効果があります。
dmはダイレクトメールの略であり、ハガキや封筒にチラシを入れたものを会社や家庭に送ります。そのハガキやチラシには、商品であったり、サービスなどに関する情報が記載されています。ですので、そのハガキなどに記載されている商品やサービスをたくさんの人に見てもらうことができ、知ってもらうことができます。
もし、ダイレクトメールを送らなければ、これらの人たちに商品やサービスについて知ってもらうことはできなかったかもしれません。そんな人たちにも商品やサービスを知ってもらうことができますので、売上アップが見込めるのではないでしょうか。このダイレクトメールで大変なのは、宛名印刷です。宛先が多くなればなるほど大変です。
ですので、宛名印刷も行ってくれる業者を利用すると便利です。


dmの宛名印刷までしてくれる専門業者

ダイレクトメールは、低コストな広告手法として注目を集めています。
日本には数多くのdm業者が存在しているので、誰でも気軽に利用できるのもポイントでしょう。企業はもちろん、個人でもdmを使って情報展開をしている人はいます。数十万円もあればかなり効果的な広告活動ができるので、個人での利用も近年は増加傾向にあります。 宛名についても、業者の方で印刷をしてくれます。
名簿を提出すれば、そのすべてにdmを送付してくれるので、非常に楽です。
自分で宛名を印刷していると、それだけでかなりの時間ロスが生まれてしまいますが、業者に頼めば一発です。 自分は他の仕事に集中ができますし、個人事業主などにも愛されているサービスになります。テレビCMや雑誌広告と違い、特定の地域にのみ情報を送れるのが人気の秘密でもありますね。
ダイレクトメールは、今後ますます盛んに利用されていくものだと考えて問題はないでしょう。