DM印刷のおすすめ企業ランキング

dmの宛名を利用する方法は複数ある

ホーム > DM印刷とは > ダイレクトマーケティング視点で効果的なdmを作成

ダイレクトマーケティング視点で効果的なdmを作成

 個人で店舗経営をされている自営業の方々や、商品の販売、サービスの提供などをしている各企業にとって、ダイレクトマーケティングに着眼することは、売上をアップさせてくためにはとても重要な視点となってきます。
 既存の顧客へ向けた継続的なアプローチやフォローも必要ですが、潜在的な顧客獲得をするために、街中でチラシなどを配ったり、広告のついたポケットティッシュなどをポスティングしたりして、集客効果の増加や、売上の向上を図るための販売促進手法の中のひとつに、ダイレクトメール(dm)を送るといった方法があります。
 この販促手段をとることによって、既存顧客に対してはさらなる購買意欲を湧き立たせ、新規顧客の開拓を狙うことが可能となります。
 ダイレクトメールには、個人の方々をターゲットとしてハガキやチラシを郵送したり、企業が企業に向けて自社製品のカタログやパンフレットなどを送付するといった行為も含まれています。


 郵便や運送会社のメール便をはじめとして、電子メールやファックスといった方法で、ダイレクトメールを定期的に顧客となりえそうな方々に送付することで、自社の製品やサービスなどの魅力をdmを通じて知ってもらうことができます。
 それにより、販路の拡大を図ることのできる可能性は高まっていきます。これらの広告物をうつことによって、売上の向上を図ろうとするのであれば、販売したい商品やサービスなどの持つ魅力を引き立たせられる文章やキャッチコピーなどを工夫するによって、関心を惹きつける必要があるといえるでしょう。
 一方で、それらの広告物を受け取る側の反応も気になるところでありますが、多くの場合では、文面に目を通すことなく捨てられてしまうことも少なくありません。
 そのため、広告物全般においていえることですが、潜在的および既存顧客に対して、興味を惹きつけるキャッチコピーやわかりやすくて読みやすいものを作成して、アプローチしていかなければならないでしょう。


 ある企業のサイトによれば、郵便でのダイレクトメールを開封してくれる割合は9割弱、電子メールでは8割強ほどとなっているとする調査結果報告があります。
 またそれらと比較して、ファックスで送られてきたものに対しては、ほぼすべての受け手の方々が文面を読んでいるともしています。
 これらのように、送った広告物を読んでもらうためにデザインなどを工夫をすることも大切ですが、何より重要になってくるのが、それを読んだ方々の購買意欲を刺激させ、購入するといったアクションにまでつなげていかなくてはならないという点です。
 売上に直結させるためのdmを作成するには、商品やサービスの魅力を伝えると同時に、ターゲットとなる対象の方々を絞り込んで、広げすぎないようにするといった、ダイレクトマーケティング的な視点を持つことも求められてくるでしょう。