DM印刷のおすすめ企業ランキング

dmの宛名を利用する方法は複数ある

ホーム > DM印刷とは > dmでは宛名印刷をオプションで行ってもらえます

dmでは宛名印刷をオプションで行ってもらえます

販売促進用などで多くの人にdmを送る機会がありますが、その時には業者に印刷だけを依頼するという方法と、宛名印刷も同時に依頼することもできます。
そして、業者によって料金が異なるものの、一通当たり3円ほどで行うことができます。
ちなみに、業者によっては10万通以上になると単価が2円になるところもあります。
そのため、1000通ほどではあまり大きな差がありませんが、10万通など大量になると料金が変わるため見積もりを取って判断をする必要があります。
そして、一番大切な部分が顧客情報を提出するため、しっかりと管理体制が整っている業者なのかを判断することが重要です。
ちなみに、dmにはハガキサイズからA4サイズなどいろいろとあるため、その部分でも料金に違いがでます。
ちなみに、宛名印刷を専門に行っている業者もあります。
そして、字体なども指定することができ、内容に合わせて指定ができるというメリットもあります。



dmの宛名印刷から発送まで代行する業者があります

企業や会社が宣伝したいことがあるとき、最も効果的なのがダイレクトメールです。
たくさんの人の目に触れますし、受け取った人は気になる情報を繰り返し見ることができるため、効果的に宣伝できると言われています。
しかも、最近はdmの印刷はもちろんのこと、宛名の印刷から発送までを代行してくれる専門業者があります。
宛名の印刷や発送作業は社員でもできますが、発送先が多い場合は、それだけたくさんの手間と時間がかかってしまいます。
その点、専門業者に依頼すれば、社員は他の業務に集中して取り組めるようになります。
もちろん、高品質の印刷を低価格で提供してくれますし、秘密厳守で宛名の印刷など発送作業を代行してくれるため、安心してお任せできます。
あらかじめ問い合わせれば無料で見積もりを提示してくれますので、dmの印刷や発送作業を依頼したいときは気軽に相談してみるとよいでしょう。



dmを作成する際の宛名の管理を行う

dmは色々なタイプがあります。
今はメールで送信をする方法が多いですが、まだ郵送で対応をすることも多いです。
郵送であればたくさんの情報を送ることができますし、実際に手に取って見てもらうことによって商品をより魅力的に見せることも可能です。
お得な情報も一緒に添付をすれば、購入意欲も増しますし、それが営業成績にも繋がるということになります。
郵送で送る場合には、宛名の管理をしっかりと行わなければいけません。
今は専門のソフトがあり、情報漏えいをすることがないように管理はされていますが、それでもウィルス感染など不安に感じることがあるでしょう。
セキュリティーを高めて管理をする必要があります。
どういう管理をするべきなのか、ということも考えた上でパソコンや専用のソフトを導入していくとよいでしょう。
dmの内容管理も同時に行うとよいでしょう。

次の記事へ